« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

9歳になりました…が。

ぽんた、9回目の誕生日。
 寿ぐ一方で、憂う気持ちがあるのも確か。

 ぴいきちなんかはまだいいよ。
 今年はアレができるようになりました。次はコレ頑張りましょう、で済むから。

 ぽんたにしろぷよすけにしろ、もう「出来て喜ぶ」年齢ではないので、親としてはより上を目指して欲しいのだが、これがもうイマイチどころか毎日溜息をつくレベル。

 特にぽんたの場合、気がついたら所謂思春期を目前にしているという、吃驚な状態なのだが。
 しかし本人の性格により、相変わらず忘れ物大魔王だし、そんなヤツなので身だしなみもイマイチどころかイマサンイマヨンくらいなもんで。
 注意しても直らないし、このまま矯正に時間がかかっていると、このまま思春期に突入しそう。
 そして、周りの女の子から浮きそうな気がする~。

 そんな親を心配させている状態の割には、誕生日にねだられるプレゼントは年々高価になっていくし、なんかもうね_| ̄|○

 年長者になればなるほど、誕生日というものは憂鬱も入り込んでくるものだ。自分の事じゃなくても。

ポケットモンスター ブラック
しっかりねだられた。

2011年5月27日 (金)

意味ある講習

「PTA広報誌作成の為の講習」を受けに行く。

 自治体が主催という事で、全く未知数の講座。
 一体何をやるのかかなり不安だったのだが、繰り広げられた内容は「エクセルで広報誌を作ろう!」だった。
 何故エクセルかというと、「大体どこの学校のパソコンにも入っているから」
 …なんて合理的な理由なんだ!
 という訳で、非常に役に立ちますた。
 「実はワードの方が画像入れやすくね?」とも思ったのはナイショ。

 一方で、当然の事ながらある程度のパソコンスキルがないと、理解できない講習でもある。
 自分と、もう一人のおかあさまは内容を理解出来る程度にはパソコンを使える人間だったのだが、じゃあ、「パソコンなくても大丈夫!」と謳っているうちの広報委員会全体に、どれだけ役に立つかというと疑問がふつふつと( ´・ω・`)
 そもそも委員長が「パソコン全然わかんなくて~。USB接続って何?」と言う人なので、そんな人に対して講習内容をレポートしなくちゃいけないのだが、一体どう書いたらいいのだ。

 自分の中では「まず全員のパソコンスキルをエクセル使えるレベルにしないと無理!」という結論に至っているのだが、基本的に任期が1年の学校の役員にそれをしたところで、何の得があるのかと言われるとねぇ┐(´д`)┌

 という訳で、自分には役に立った講習だった。自分には。

2011年5月24日 (火)

今時のお習字セット

学用品の名前つけと言えば4月、という感覚があるが、入園、入学でもない場合は今頃の方が色々な物を持ち帰ってくる。

 今年のぽんたはお習字セット。
 自分は子供の頃4年くらいお習字を習っていたので、親しみはある

 …はずだった。

 なんなの今時のお習字セットー。
 プラスチックの筆に、セラミックの硯
 びっくりする程軽いよー。
 こうなると、一応墨もついていたが、こんなん絶対使わないだろーと思う。
 墨汁でおーるおっけーだ(笑)。

 子どもでも楽しく、親しみを持って学べるのはいい事だと思うが、お習字という、昔ながらの情緒は残っていて欲しい気もする…。


しかも見た目もコレだよ?

2011年5月21日 (土)

運動会

よく晴れた運動会日和。

 意気揚々と登校していったぽんぷよーずに比べ、いつまでも寝ているぴいきち_| ̄|○
 ちょっと、ははにも広報委員の集合時間があるんですけど!
 無理矢理叩き起こし、寝ぼけ眼にアンパンマンのパン(←大好物)を袋ごと抱えさせて集合した。

 さて、今年は3年生ぽんた、一年生ぷよすけ、見学ぴいきち。
 ははは写真撮影がありますのでー、アンパンマンぴいきちは母に見て貰って遊軍活動。

 小学校初運動会のぷよすけ。
 幼稚園では一番足が速かったのだが、人数が倍以上の小学校になるとさすがにそうはいかない。
 リレーの選手も、最終選考くらいまでは残ったらしいんだが、正選手→補欠→その後の順位だったらしいよ。
 まぁ、来年以降頑張りたまへ。

 三回目ぽんたは、相変わらず徒競走は苦手。
 走るのが遅いというより、走る事に集中しないから、全然スピードが上がらない┐(´д`)┌
 前見て走れよ(;´д`)

 学年競技は、一年生玉入れに三年生大玉運びと、偶然にも玉繋がり。
 全校で大玉転がしっつーのもあったな。

 しかしまぁ、時代柄っつーのか、AKB曲多かった~。
 入退場行進にBGM、ガンガンかなでるミュージックですよ。
 極めつけは2年生が「ヘビーローテーション」踊ってたよほぼあの振り付けでΣ(;・∀・)
 こうなると好きでもないのに刷り込みというか、何だかいい曲に聴こえてくるから不思議だ。

 たまにかかる「トルコ行進曲」や「草競馬」が親達の郷愁を誘う、そんな今時の運動会なのであった。

 撮影隊ははは、結構夢中になってバシャバシャ撮りますた。
 気がついたら、すんげー半袖焼けしてた。イタイ。

ザ・ベスト 運動会の音楽&マーチ
こっちの方が気分が出る世代。

2011年5月18日 (水)

超特権

運動会に向けて、広報委員会。

 まぁPTA広報誌の一年の目玉と言えば運動会な訳で。
 その運動会の撮影の打ち合わせ。

 幼稚園と違いプロには頼まないので、全ての写真は広報委員で撮影する事になる。
 自分の子供の学年の競技は、保護者立ち入り禁止のフィールドまで入れる。
 超接写可;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

 職務は勿論あって、普通はどうでもよさそうな盆踊りとかも撮影はしなくちゃなんないんだけど。
 それにしても撮り放題とは、これはかなりオイシイ特典ではなかろうか。
 何で不人気なんだろうなぁ、広報。
 まぁ、写真撮影した後の作業が明らかに面倒くさいからだろうなぁ(笑)。

 面倒くさい事が苦にならない人間が勝つ、それが広報委員なのであった。

2011年5月17日 (火)

オトナばれえ

という訳で、正式にサークルとして発足した大人のバレエなのである。

 やる事はセンターの講座の時から変わらない。
 何とか「踊り」に持っていきたい先生と、そこまでは無理だから「ストレッチと筋トレくらいで済ませたい」オトナとの攻防戦(笑)

 いやなんていうか、踊るなんて無理!
 振り付けが頭に入っていかないもん。
 子供達を見ていると、振り付けは頭でなく感覚で覚えているような感じだけど、オトナは無理だ。
 体がいう事を聞かない。
 講座で嫌という程悟ったわ(笑)。

 最早、子供にこうすればああすればなんて事は言えなくなっているおかあさん達なのであった(笑)

2011年5月14日 (土)

あと1年弱で

今年はぷよすけが入学した。
 バタバタ時期を終え、一息ついて考えてみると、来年はぴいきちが入園予定。

 しかし、話を始めたのがやっと半年前。
 おむつも外れていないし、ご飯も真面目に食べないし、おまけに左利きだし、あと1年弱で色んな事が何とかなるのかという不安がつきまとう_| ̄|○

 一番の問題は、夜寝るのが遅いという事。
 昼寝を2時間くらいしちゃうと、夜寝るのが11時とか12時とか。
 暗い中でぽんぷよーずと一緒に寝かそうしても、一人大はしゃぎでベッドの上を飛び回っているし、そうなるとぽんぷよーずも寝かせてもらえない。

 そして夜遅いから、当然朝も遅い。
 小学生組がいるので、カーテンも開けてバリバリ大騒ぎして登校してるのに、完全無視で9時過ぎまで寝てたりする。

 それでも最近、一人隔離して10時過ぎくらいには寝るようになってきた。
 まだ随分遅いけどもさ。

 1年かけたら、何とか普通になるんだろうか。
 鳴呼、課題が多すぎるぅー。

2011年5月12日 (木)

オトナのバレエシューズ

大人バレエに備えて、シューズを買いに行く。

 今時はネットで買うという手立てもあるのだが、靴のサイズで常に苦労している自分には不安が大きい。
 取り敢えず最初は、ちゃんと試着させてもらえる店舗で購入する事にした。
 いいのが見つかれば、それこそネットで探す事も出来る訳だし。

 お店に着いて、超初心者である事と足がデカい事を申告し、いざ試着。
 バレエシューズは普段の靴より0.5~1cm大きいサイズを選ぶのが鉄則なのだが、これがメーカーに拠っても差があったりするので、難しいのだ。

 あるメーカーの物は+1.0cmはちょっと親指が当るが、+1.5cmはさすがに大きい。
 違うメーカーでは、+0.5cmか+1.0cmかで悩むような状況。
 勿論、ヲレのサイズは作ってませんというメーカーもありますた
( ̄◆ ̄;)

 てことは、そこは男性向けのシューズは作ってないのかしらね。

 次は素材。
 大体キャンバス地と皮製の2種類がある。
 一応、「皮のほうが強い」「キャンバス地は汗を吸っても大丈夫」という利点がそれぞれあるらしい。
 子供達が使っている「爪先が皮製で強く、後ろがキャンバス地で汗に強い」な前皮製シューズといういいとこどりな物も存在する。
 で、聞いてみたら、「うちで扱っているこのサイズの物は、キャンバス地しかありません」とな。がっくし。

 最後はソール部分。
 全面のフルソールか、土踏まずで分かれているスプリットソールか。
 どっちがいいのか店員さんに聞いたところ、「どちらでもいいんですけど、そのサイズのものだとスプリットソールのみになります」と。…。

 結局、サイズだけで選ばざるを得なかったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
 普段の靴選びと何ら変わらないではないか。哀しい。

2011年5月10日 (火)

バトル&ゲット ポケモンタイピング

ワタクシは、割と単純作業が好きな人間でして。
 中でもパソコンの入力作業なんてものはダイだい大好き。

 そんな自分なので、ここのところは当然コレにハマっっている。

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
いやぁ、ポケモンだし、入力だし。

 ゲームとしては、単純に画面に登場するポケモンの名前を次々に入力するだけ。
 で、成績に拠って、次のステージに進めるようになる。

 しかし結構難しいのが、「ポケモンの名前を知らないと入力のスピードが上がらない」という点にある。
 見た瞬間に入力できれば速さでポイントも稼げるが、ポケモンの名前が出てくるまで待つ羽目になると、その分ポイントは据え置き。

 家の中では、「ポケモンの名前をある程度知っていて、入力も速い」自分が一番成績がよいが、次は「ポケモンの名前は良く知っているが、入力はイマイチ」なぽんた。
 「入力は速いが、ポケモンの名前はあまり知らない」相方よりも少しだけ成績が良いのだ。

 という訳で、大人のタイピング技術の向上にはあまり役に立たないと見た(笑)。
 ゲームをやりこませたら、マジでパソコンとか使えそうなので、お子様には注意が必要。

2011年5月 8日 (日)

運動会の人数格差

折角ゴールデンウィークが終わったと思ったらすぐ週末で。
 そんな微妙な週末は、町内会の運動会。

 実は我が家は今年が初めての参加だったのだが、行ってみて驚いた。
 一応、町内の中でいくつかの地区に分かれて対抗戦、な形なのだが、そうすると当然巨大マンションのうちの地区が圧倒的多数な訳で。
 他の地区全部合わせても、うちのマンションチームより少なかったんじゃなかろうか。

 最早、人数的に不公平とかよりも、こっちが悪い事したみたいで身の置き所に困るレベル(;´Д`A
 子供がたくさんいても、結局他との人数合わせで参加者を削られたりするんだもん。
 グループ分けはもうちょっと工夫できるんじゃないかと思いつつも、いきなりこんな大人数増えても対応し切れるもんでもないよなぁ、とも同情したり。

 今あちこちに巨大マンションが出来ているが、同じような人数バランスの問題も各地で起こっているのかもしれんなぁ…などと思ってしまった運動会なのであった。

2011年5月 5日 (木)

火の玉ボーイコンサート

4月から延期になった、ムーンライダーズ35周年ライブ、その名も「火の玉ボーイコンサート」。

 えと、「火の玉ボーイ」というのは、その35年前に出したファーストアルバムです。

火の玉ボーイ(紙ジャケット仕様,SHM-CD)

 この原点を一挙演奏しようという、35周年に相応しい原点回帰な企画というか、35年も経っちゃったものを敢えてさらけだす自爆的な企画というか。

 ちょっとした不安も抱えつつ、メルパルクホール入り。
 実は産休育休明けの3年ぶりくらいのライブなので嬉しい。

 第一部として、予告された「火の玉ボーイ」一挙演奏。
 …と簡単に言ってみるが、これが実は大変。
 何故かというと、近年にはない楽器の多さ=ゲストの多さ、なのだな。

 そんな理由で、東京中低域の皆さんと高田漣さんが大活躍の巻(笑)

 インストゥルメンタル(演奏:東京中低域)
 魅惑の港(東京中低域)
 あの娘のラブレター
 スカンピン
 酔いどれダンス・ミュージック
 火の玉ボーイ
 午後の貴婦人
 地中海地方の天気予報
 ラム亭のママ
 ウエディング・ソング
 魅惑の港
 髭と口紅とバルコニー
 ラム亭のテーマ
 ホタルの光(東京中低域)

 「髭と口紅~」の女声コーラス隊が贅沢過ぎて感涙。
 あっこさんと武川先輩が揃うってありえない(笑)

 あ、全然違和感なく聴けました(笑)
 今が昭和か、というくらいなもんで(笑)

 あがた森魚さんの演説(?)を挟み、第二部へ突入。
 第二部はとにかくゲストとの競演。

 インストゥルメンタル(高田漣)
 マスカットココナツバナナメロン
 頬うつ雨
 月の酒場
 アルファビル
 砂丘
 達者でナ(矢野顕子)
 愛の列車(矢野誠)
 風にさらわれて(南佳孝)
 リラのホテル(あがた森魚)
 東京の屋根の下(松田幸一)
 ピーターガン(徳武弘文)
 ビデオボーイ
 バックシート
 6つの来し方行く末

 何かもう、口を開けて聞き惚れるしかない面子。
 南佳孝さんの美声に酔い、あがたさんの「リラのホテル」に打ちのめされつつ、いや待て矢野誠さんとあっこさんの共演はいいのか、とか思ってみたり。

 そんな事思いつつ、最後は「大寒町」を全員で。
 これ以上はない35周年だった。

moonriders LIVE at MIELPARQUE TOKYO HALL 2011.05.05“火の玉ボーイコンサート

2011年5月 3日 (火)

サンリオピューロランド

連休の家族サービス、今年は「サンリオピューロランド」へ行く。

 ぽんぷよぴーずのお目当ては、「ジュエルペット」。
 テレビアニメが「制作:○売テレビ」的な意味で絶賛放映中だ。
 因みにははは、前代の読●テレビの犠牲者(笑)、クロミちゃんがちょっと見たい。

 入場してすぐのところに人だかりが出来ていたので見ると、「シナモロール」がいた。
 一緒に写真を撮ってもらう。うむ、かわいい。
 しかし、握手は大変だった(笑)。着ぐるみにはありがち。

 いざアトラクション、まずはメインイベント「ジュエルペット」のショーを見に行く。
 ビデオ出演のおねえさんが、どこかで見たことある人だった(^-^;
 ルー大柴もだけど、鳴呼、芸能界の浮き沈み。
 大人は微妙な雰囲気になりつつも、ぽんぷよぴーずは大喜びでポーズまで決める。

 ショーが終わって、食事へGO。
 カフェテリアに入ったのに、値段がねだんが(@Д@;
 しかしシナモロールの陶器はそのまま貰えた。
 鳴呼キャラクター商法。

 食事を終えて次はどこへ行こうと考えながらマップを見たのだが、察するにピューロランドは乗り物は2、3個しかなく、あとはキャラクターのショーが多い。
 ショーを観覧というと、それなりに時間がかかってしまう訳で。
 特に小さいぴいきちにはちと辛い。

 結局、時間をかけずに見られそうな「キティちゃんのおうち」に行く事に。

 キティちゃん、めっちゃ少女趣味。
 天蓋つきベッドー。
 外国風バスタブー。

 をとめ:ぷよすけは目をはあとにしながら「こんな家にすみたいー」とな。
 無理です。ははの精神的に。
 出る際にキティちゃんと一緒に写真撮影してもらった。

 最後はお待ちかね、グッズ販売コーナー。
 あれもーこれもーとなるぽんぷよぴーずを牽制して、どうにか最低限のラインで済ませたが。

 ぽんぷよぴーずはめいっぱい楽しんだピューロランドなのであった。
 大人は…あの世界が好きな人じゃないと、ちょっとツラいかも(^^;
 そういやクロミちゃんも見れなかった(´・ω・`)

AKINA写真集 AKINA STYLE
どこかで見た事ある人。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック