« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

モチベーションを上げる為

ぽんぷよーずはじじばばと温水プール。
 ぴいきちはははとおるすばん。

 その温水プールは公営で、おむつで入場禁止の為、ぴいきちは行けないのだ。
 一応見学スペースもあるのだが、一人だけ水遊び出来ずに見ーてーるーだーけー、つって、納得する筈もなし。

 ぴいきちも2歳過ぎたので、トイレトレーニングを視野に入れてもいい頃合。
 今は「トイレできないとプールに行けない、バレエもできない(←これもホント)」と脅しているが、目立った成果はあがっていない。
 やる気はあるみたいなんだけどなー。実を結ぶのはいつになる事やら。

 それにしても、若干腑に落ちないのは、このプールはお年寄りレクリエーションの場としても指定を受けている事。
 赤ちゃんだけでなく、年寄りだってちょと…あるよね?(^-^;

2011年1月26日 (水)

近未来への雑感

今年度、何回目か忘れたけど小学校の授業参観に行く。

 ぽんたなどは、2年生とは思えない幼さで「きてきてきて~」とのたまうのだが、これが高学年にもなると「来なくていいよ(フッ)」とかってなるのかね。
 いや、どっちにしてもぷよすけもいるから、嫌がられても行くけど。

 てな近未来に思いを馳せつつ帰ってきてみれば、駐輪場にて携帯電話に着信が。
 留守番を頼んだ母から、「ぷよちゃんが習い事先で具合悪くなったらしいから、迎えに行ってあげて」とな。
 家に戻らず、そのまま幼稚園に向かいぷよすけを回収。
 こんな風にさっと対応できるのも、幼稚園が超近所だからこそ。
 そう考えると、悩んでしまっている2年後のぴいきちの幼稚園も、ここでいいのかなぁという気がしてきた。

 余分な時間を食ってしまい、泡を食って夕飯の支度をしていたら、当のぷよすけは「なんかなおったかも~」と元気に遊び出す┐(´д`)┌ヤレヤレ
 帰って来たときは確かに顔色も悪かったら、仮病とかではないんだけど。

 あ~あ、亜塾、一授業分損した…と思ってしまうははは、多分セコい(笑)。

2011年1月23日 (日)

昔遊び

マンション自治会のおもちつき。

 数年前から始まったイベントなのだが、一番始めはもちつきだけだった。
 その後お汁粉が増え、豚汁が増え、今年は「昔ながらのお正月遊び」コーナーが増えていた。
 やるね。大所帯マンションだと住んでいる年齢層も様々だから、こういう事も出来るのだなぁ。

 しかし。
 ぽんぷよぴーずに「ままー、こま回して」って言われても、おかあちゃん駒回せないんすけど。
 辛うじて手回し駒は綺麗に回せたが、けん玉もぽんたの方が上手だし。

 親としての面目を保つには、それなりに努力も必要。

2011年1月20日 (木)

夕暴雨

もうすぐ最新刊に追いつくぞと。

夕暴雨―東京湾臨海署安積班

 安積班長シリーズに特車二課が出てきてびっくりの巻。

 「パトレイバーは警察小説だ!」が持論のワタシとしては大いに歓迎すべき状況なのだろうが、後藤隊長の扱いが良くないので、悩むところ(笑)。
 実は影で安積班長より速水ヘッド(笑)を推している為、精神的に板挟みなのだ(笑)。
 あたまがスポンジー!(笑)

 うんまぁ、隊長とヘッド、元々相容れなさそうではあるので、納得できる構図なんだけども。

 それにしても、思いがけないところで思いがけないものと遭遇して、ちょと動揺している(笑)。

2011年1月15日 (土)

初詣

in 川崎大師。

 家内安全とか無病息災とか学業成就とか色々拝んどく。
 お守りを各種取り揃え、おみくじも引いた。一応吉だった。

 かように一応仏教徒な自分だが、信心深い訳でもなく、ごく基本的な日本人のレベルでしか仏教に関わっていない。
 だから、様々な事柄もいちいち付け焼刃で調べてその場だけは済ませ、終わるとすっぽり頭から抜けていく。

 その付け焼刃によると、自分の年付近が厄年だった気がせんでもない。 三十三の厄年があって、その直後にも何だか厄年があって、「なんでやねん!」て大師の年齢早見表に突っ込みを入れた記憶がなきにしもあらずなのだが、今日は見ておくの忘れて、そのまま家内安全の護摩札だけ頼んじゃった。

 三十三の厄年はちゃんと払っておいたし、去年は結膜炎大暴走でお釣りが来るくらい厄払った気もするし、まぁいいや。
 そのくらい適当な信心なのであった。ちゃんちゃん。

2011年1月11日 (火)

連載再開

幼稚園もようやく始業式で、やっと本当の平常モードに戻った。

 てことで、ははは久し振りに本屋でぼーっとする。
 ぴいきちは勿論、ベビーカーの中でぐっすりさ。

 一旦連載中断、と言った割に、思いのほか早く復活した「雨柳堂夢咄」を購入し、中に挟んである広告を見たら、なんと「綺譚倶楽部」も復活とな。
 こちらは3~4年は放っておかれていた筈なので、正直諦めておりました。
 いい加減、元々好きではないハーレクインばかり増えてゆくのも飽きているので、嬉しい限り。

 こいつは春から縁起がいいねっと言いつつ、妖かしだのグロだのを寿いでいるのはどういう了見なんだヲレ(笑)

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 雨柳堂夢咄 其ノ十三 (ソノラマコミックス)
はいはい妖かしですよぅ。

2011年1月 7日 (金)

親にとっての宿題とは

年明け気分も抜けた今日、小学校は始業式ならぬ、授業再開だった。
 だって二期制だもん、後期の途中で冬休みっていう扱いなんだよぅ。

 ところで今日日の小学校は、冬休みの宿題などは殆どない。
 夏にはまだしも薄っぺらいドリルが出されたが、冬は「漢字練習」とか「音読」で、それも提出義務はなし。
 他に「お手伝いが宿題です」っていうけど、うちの場合子供も親も「邪魔しないでいてくれるのが一番の手伝い」という低レベルなので、そうするとやるべき事ほぼなし。
 亜塾でそこそこの量のプリントを出して貰ったから、それで何とか机に向かっていた感じだった。

 詰め込みだなんだと批判はあろうが、でもやっぱり宿題でもない限りは勉強を習慣づけるって大変な事だと、親の立場から実感しております事よ。
 実は三年生いっぱいで亜塾が終了してしまうのだが、その次も何らかの勉強系習い事はやらせるべきだなぁと痛感した冬休みなのであった。

2011年1月 2日 (日)

賑やかな新年会

毎度お馴染み、父の実家へ年始回り。

 今回は、自分の従兄弟達も一部を除いて集合。
 子供がいる従兄弟もおり、非常に賑やかな集まりとなった。

 ぽんぷよぴーずの他には、4歳男の子と1歳女の子。
 自分より小さな女の子を発見したぴいきち、目を輝かせ、「あーちゃん、あーちゃん」と世話を焼き、お気に入りのうーたんのマイクまで貸してあげる気前の良さ。

 普段は常に赤ちゃん扱いされているから、おねえさんぶりたいのかねぇ。
 ここぞとばかりにあーちゃんに先輩風を吹かせるぴいきちなのであった。
 家にいる限りは絶対にできないからなぁ。

 人数が集まるのは大変だけど、子供達の意外な一面が見られるよい機会でもある事よ。

ワンワンとウータン  メロディマイク
こちらはハンディマイクでございます。
スタンドマイクと違って、携帯可。

2011年1月 1日 (土)

明けました。

さて、去年の反省を踏まえて、今年の目標。

 ・日々こつこつ。一日一ゴミ。
 ・来年度から学校の役員もやらねばならないので、引き篭もらない
 ・あまり怒らないようにしたいなー。

 どっちかっつーと、希望…。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック